サクラカメラスリング

今年の春先からストラップをこれに変えて使っている。存在は数年前から知っており重いカメラで首や肩が凝る身としては良さげに思っていが、「女性向き」の先入観から縁の遠いものと思い込んでいた。
ところが、今年に入り男性向けの落ち着いた柄もラインナップされていることを知り、ちょうど販売イベントが開催されていた銀座三越に行き落ち着いた柄のを購入することができた。8月のミャンマー撮影などで使用しとても満足している。
購入の時、オススメの色・柄をいくつか出してくれて、その中から選んだ。今はもっと男性向けが増えているらしいので、また観にいきたい。

今までRolleiflexのストラップと言えば、両端に独特のカニ爪の付いた革の細いもで私も長年使い続けけてきた。このストラップに変えたところ謳い文句通り、幅の広いストラップのおかげで重量が分散され首、肩凝りが軽減された。根元付近にジッパーの付いた小物入れがあり重宝している。ブローニーフィルムが2本入り、頑張れば3本入る。撮り歩く前にここに2本入れておくとフィルム交換の度にバックを開ける必要が無いため効率が良い。フィルムを入れても邪魔にならず、アクセスもしやすい絶妙なサイズ、配置となっている。

また、バックに入れる時もストラップにカメラを包むことができるため保護にもなり、デザインだけでなく機能性にとても優れいてる。

 

素材は布製なので洗うこともでき、暑い東南アジアの撮影でも大汗かいたら手洗いして干しておけば良いのも助かる。

なお、Rolleiflex用のカニ爪金具は都内の中古カメラ屋で売られていたのでそれをそのまま流用した。

これを書こうと思ったのは、先日写真家・小原孝博氏のワークショップの写真展パーティに参加させてもらい、このストラップ「サクラスリング」の発案・企画そして製作し世に送り出している杉山さくらさんを思い出したからだ。杉山さんも10年くらい前に小原さんのワークショップに参加されていて、偶々観に行った時にお話ししたのを覚えている。その頃からこのストラップで起業を目指していたと聞いた。今やAmazonやヨドバシなど量販店でも販売され街でも見かける機会が増えている印象で今後の活躍・商品展開がとても楽しみだ。

ストラップとしては安い部類では無いが値段以上の満足感があり、カメラの重さに負担を感じている人には勧めたい。

Comments are closed