映画「僕の帰る場所 ”Passage of Life”」

先日、ポレポレ東中野で上映中の「僕の帰る場所 ”Passage of Life”」を観て来た。以前、試写会で観る機会があり2度目の鑑賞になった。10月6日の公開以降、ミャンマー関係の人たちを中心に賛辞の書き込みが毎日のようにSNSに上がっている。

日本は先進国と呼ばれているが難民認定が厳しく、事情があり祖国を脱した人たちに対して冷たい国と言われている。そのような事情もこの映画を語る上で重要な要素ではあるが、「ミャンマー」や「難民問題」など社会性を抜きにして人間物語として誰にでも薦めたい映画だと思っている。出来れば映画を観て感じたことを考えて家族や友人に話をしてほしい。頭で感じたことや思っていることを言葉や文字にすることは大切だし、そうすることでより深く物事を考えるキッカケになる、この映画はそう言う作品だと思う。

私は2005年からミャンマーを訪れ写真を撮り、写真展を開催したり写真集を出版している。映画と写真の違いはあるがカメラを通して表現する点で共通する部分は多いと考えている。

試写会で観たとき、語弊があるかも知れないが「(彼らにとって)普通のことを淡々と描いている映画」と感じた。事前の説明で”日本に住むミャンマー人家族が祖国へ帰る話”と聞いており、自分の知る在日ミャンマーの人たちの背景や事情から頭にいくつかのストーリー展開を予想してみた。ミャンマーをテーマに写真作品を作っている身としてはこのような予測をするのはある種の訓練のようなものだ。しかし、映画が始まると「あまりにも私の想像が及ぶ設定で淡々と進む展開」に最初は正直拍子抜け気味だった。しかし話が進むにつれ、自分がその場に居るような感覚になり気付くとすっかり引き込まれていた。派手な演出は皆無でBGMすらほとんどなく見たままがそのまま伝わって来るリアリティ。自分が予想していたよりもはるかに「自然」だった。映画だから撮り手の意図、目的は存在しているのだがそれを忘れてしまうような作りになっている。特に、ヤンゴンのシーンは足しても引いてもいない素顔のヤンゴンに思えた。自分の足で歩き眼で見て身をもって感じたそのものに極めて近かった。もしこの映画の撮影現場に自分が居たとしたら、似たような場面を自分のカメラで撮影していたと思うくらいだった。自分の写真集は観た人がどう感じるかわからないが、私は撮り手である自分の気配を出来るだけ消した写真を撮りたいと考えている。写真を撮る行為がそもそも自己表現であり、極めて難しいことだと分かっているが、ひとつの理想型だと考えている。この映画から伝わってくる「リアリティ」からその理想に近いモノを感じ、それが私にとって臨場感や既視感に繋がっているのだろうと今は理解している。

自分がミャンマーで撮って来たのは「普通の人たちが普通に暮らすミャンマー」だ。軍事政権から民政移管が進み経済成長の続くミャンマーたが、最近はラカイン州の問題が大きく取り上げられ、国際社会の批判を受けている。その問題は問題として取り組み進めていかなくてはならないことだが今の時代、ネガティブなニュースほど強く広がっていく。出来るだけ沢山の人たちがミャンマーを訪れて欲しいと思っている一人として、「僕の帰る場所 ”Passage of Life”」はミャンマーと日本をつなぐ作品なのだと思う。

映画がポレポレ東中野で公開される少し前、友人を介して主演のカウンくん、テッくんそして母親のケインさんに会い写真を撮る機会に恵まれた。映画の撮影から4年経ち2人とも大きく成長していた。写真を撮った後に近くのファミレスに行き彼らの話を聞いたが、会話の内容は映画のことよりもうすぐ運動会とか、午後に友達が家に来て一緒にゲームするとか普通の会話がリアリティがあり私には興味深かった。

ポレポレ東中野の地下に降りる途中の壁にその時私が撮った写真と、私のカメラを使いカウンくんたちが撮った写真が飾られている。子供にとって4年はとても長い時間で映画は遠い過去のものになっているかもしれないと想像していた。

映画を観た後パンフレットとメイキングDVDを購入した。パンフレットは監督やプロデューサーのコメントや様々人たちの文章が掲載され読み応えがある。映画のパンフレットと言えば象徴的なシーンやキャストの簡単な紹介だがこのパンフレットは読むだけでも価値がある。メイキングDVDも撮影に入る前から始まる展開で、撮り手の意識に興味がある私にとって面白く最後まで一気に観た。そしてDVDのラストシーンを観たときカウンくんにとってこの映画は過ぎ去った過去で無く人生の一部になっていることがわかりとても嬉しい気持ちになった。

これを書いているとき、ポレポレの上映期間延長の記事をSNSで見た。「それは、当然そうなるだろう」と思った。また日本全国各地の映画館で上映も始まり、海外の映画祭などの受賞、ノミネートも続きより多くの人たちが観る映画になりつつあるのは嬉しいことで、藤元監督、渡邊プロデューサー始め制作に関わった方々に感謝の言葉を送りたい、そしてこれからの活躍が楽しみだ。

TAIWAN Photo 2018へ

10月4日から7日まで台湾で開催されたTAIWAN PHOTO FAIR 2018にギャラリー冬青の作家として参加してきた。

今までPhotoBook Fairは香港など何度か参加したがPhoto Fair参加は初めてだった。冬青ブースにはコレクションのマンレイ、アッジェとPhotographer HAAL氏のプリント、今回同行の伊藤計一氏、大木啓至氏、北桂樹氏そして私の作品を展示した。それと参加各自が写真集をテーブルに並べた。

私は過去に3回ギャラリー冬青で展示したプリントから6点展示し、PP袋に20点入れて持参した。展示プリントは高橋社長のアドバイスもあり数点入れ替えて並べ替えたりした。

しかし結果は木曜から日曜までの4日間で私のプリントが売れることは無かった。値段を聞かれたのが3回、展示以外のプリントを見せたのが2人。写真集は5冊売れたが参加にかかった費用を考えると経済的は大負けであった。他の参加ブースの販売実績は分からないがPhoto Fairでプリントを売ることに関しいろいろ考えさせられた。



場所は台北の繁華街にある新光三越の9階イベントフロア貸切で決して人の少ないロケーションでは無かったが安くない入場料がかかるため気軽に人が入る雰囲気ではなかった。

4日間で出展関係者、スタッフより客が多かった時間が金曜夜のレセプションのころだけだったと思えるほど人の入りが少ない。来る人の半分近くが若い学生だったような印象だ。各ブースを時間をかけて観て、作家に質問したり仲間で話したり真剣さは伝わってくる。

私の作品はギャラリー冬青のなかでは足を止める時間が長く、質問されることも多かった。なかでも「なぜモノクロなのか?」は私の気付いただけでも6人から質問された。

日本でも「なぜモノクロ?なぜ四角?」と聞かれることがあるので答えは用意していたが通訳の方に伝えるのが最初少し戸惑うかと思ったがしっかり伝えてくれたようだ。通訳さんは写真を専門に勉強している方ではないと聞いていたが事前に各メンバーのステートメントを中国語に訳したメモを書き詰めて今回に臨んでいたし、会場で客のいない時間も我々の展示作品を観たり写真集を観て質問しノートにメモするなど勉強熱心な姿勢は素晴らしかった。

今回、意外と感じたのが学生さんたちの多くが展示カタログ(出展作家の略歴と作品イメージが載った冊子)に気に入った?作家のサインを貰うことだった。中には作家と記念撮影する時もあった。私はなぜか人気があり、20数人くらいにサインし記念撮影も10人近くに応じた。私は人の写真を撮るが撮られるのは苦手なのもよくある話なのだろう。

今年で8回目のPhoto Fairなのだが、いくつか気になる点もあった。前述のカタログだが間違い多い。ギャラリー冬青の紹介では高橋社長の名前で「高」の字が無かった。また伊藤計一さんの作品イメージに私の写真になっていた。冬青関係だけでもこれだけミスがあったのだか全体ではもっとあったのだろう。

冬青が割り当てられたブースは裏へ出入り用のカーテンがあり、他のブースより壁が1mくらい短かく、予定していた展示プランを変えなくてはならなかった。ブースの壁も作りが弱くあちらこちらのブースで傾いていた。

そんななか、隣のブースがドイツミュンヘンから来ていたニッケ氏だったのはお互い幸いだった。ニッケ氏は昨年、2017年4月にギャラリー冬青で展示され、モノクロのパノラマフォーマットが印象的だった。今回も意欲的な新作もあり、来年4月の冬青の展示も今から楽しみだ。

それでも、時間はたくさんあり、高橋社長参加メンバーで話をする時間は沢山あり、そこから貰った知識やヒントは貴重なものになりそうだ。また会場に来ていた”Society of Photographic Museum and Culture”の秘書の方や”TAIPEI National University of the Arts”の校長先生と話が出来、写真集を寄贈できたのはここに来たからのことであった。

台北は10年くらい前に一度観光で訪れたがその時より空港へのアクセス、電子マネーそして地下鉄の案内サイトなどとても便利になっていた。食べ物も美味しいし治安も良く、日本から近い台湾は便利でまた来たいと思う。

        (一番賑わっていた金曜夜のレセプション)

バンコク経由で帰国は羽田へ [ 12/August/2018 ]

乗り物で寝るのが苦手で深夜便を避け帰国はバンコク経由羽田着の便にした。一応ヤンゴンの空港へは2時間前に着こうと朝食が始まる6:30にレストランに行ったら既に数組食事していた。日曜の早朝なのに仕事っぽい人たちだった。

少し早いが7:15ホテルをチエックアウトしタクシーで空港へ。

チケットに第2ターミナルと書いてあるも見つからない??ひとまず第1ターミナルに入り?歩くとタイ航空カウンターが有り無事にチェックイン。時間が早いせいか窓口は空いてた。

出国審査もガラガラで、最近来る度に店が増えているのか、入れ替わっているのか定かでは無いがDuty free買い物ゾーンへ。登場ゲートの場所だけ確認し、歩いていると「Kinokuniya書店」を発見。日本の本もあるし、あの紀伊国屋書店のヤンゴン空港店なのだろう。しかし店員さん1名のみで客は私以外誰も居ない。ミャンマーの写真集も数冊有り、既に持っている本が有ったが、初めて見るミャンマーのカメラマンが撮った写真集も数冊有ったが買いたい本は無かった。その後出発まで何度か前を通ったが客は常にゼロ、次来た時は無いかもしれない。

搭乗20分前くらいにになり、ゲート近くに進むと9:50のフライトが30分遅れるとアナウンス。1時間半の乗り継ぎが1時間になるが、荷物は羽田まで預けてあるので、最悪荷物が遅れても特に問題は無い。

バンコクの空港が着陸待ちで上空旋回2回(多分)でさらに遅れ乗り継ぎ時間が30分弱に、飛行機を降りてゲートに向かうとグラウンドスタッフが乗り継ぎ便のプラカードを持ち案内していた。乗り継ぎ便のゲートが遠かったら面倒だったが結局隣の隣くらいだったのでさほど慌てることなく無事に搭乗。機体はエアバスの新型機、A350-900、エコノミーだがシートの液晶が大きくて明るく解像度もあり見やすい。しかも垂直尾翼にカメラがあるのでこのようにリアルタイムで飛行機の周り込みで観れる。しかもそこそこ高感度で夜着の羽田の様子も写っている。

定刻通りくらいに着き荷物も無事に早めに出て来た。外に出ると湿気がのしかかって来るような感覚。とても東南アジアから帰国したとは思えない東京の蒸し暑さに汗が吹き出る。丁度良い時間のバスがあり乗り込むと1時間くらいで到着した。車中から横浜の夜景を眺めて居たが帰国した実感がいつもより増して少なかった気がする。

ヤンゴン4日目,学校を建てる [ 11/August/2018 ]

朝起きると今日も薄日が射している。今回のヤンゴンはひどい雨に会うことが無く運が良い(昨日、少し遭遇したが動けなくなるような状況は無い)。

10時にホテルに迎えがくるので少し早めにフロントに降りると約束の時間より15分くらい早く来てくれて順調に出発。

Nay Myo Zinさんは世界各国のミャンマーの人たちや国内から寄付を集め学校を作っている。正確には既存の学校の古くなり壊れたり、老朽化で危険になった校舎を建て替えている。他にも村人が使う橋を作ったり、井戸を作り水を高い位置に設置したタンクに貯めて家に飲み水を供給するシステムを作っている。まだまだ行政が行き渡らないところを補っている。私は今までミャンマーへの恩返しと考えて自分に出来ることで支援をして来た。その殆どが日本のNPOなどを通した支援だった。しかし、当たり前だがミャンマーで自国のために活動している人たちもいるわけで、そこに支援することができれば、それも恩返しのかたちになる。

彼を紹介してくれたのは彼のお兄さんと結婚した日本人女性だった。ミャンマーに行く前にメッセージをくれて今日のセッティングを全て整えてくれた。彼の弟さん(Eain Linさん)は日本に5年くらい居たので日本語が話せる。だからわざわざ彼と弟さんの2人の都合を調整してくれてヤンゴンから車で行ける場所を選び連れて行ってくれる。私がミャンマーへ行くようになり何度かキーになる人との出会いがあったが今回もそうなりそうな1日に期待が膨らむ。

車の中で弟さん(Eain Linさん)がいろいろ話してくれたが、Nay Myo Zinさんは元々軍に居たが軍政を批判して2度インセイン刑務所に投獄されたそうだ。その2度目が懲役10年だったのがNLD政権になり恩赦で出てきたと聞いた。

Nay Myo ZinさんはFacebookのフォロワーが50万人居るミャンマーでは有名な方で何人かに聞いたが皆彼のことを知っていた。

Nay Myo Zinさんは前日まで地方に次の学校候補を見に行っていて私と会うために戻ってきてくれたようなことが後に弟さんの話で分かった。

日本の支援で開発が進むティラワ工業団地に繋がるタンリン橋を渡り左に曲がると田圃の一本道をひたすら進む。ヤンゴンから車で少し来ると一気に景色が変わる。1時間半くらい走り目的の村に到着した。

ここの学校は先生が昨年11月に2人から5人に増え、生徒はKGからG4まで40人いる。村全体の子供の就学率は半分くらいだそうだ。学校が新しくなり広くなりれば学校に来る子供達も増えるだろうと話していた。先生の送迎をボランティアで村の人が車を出すなど、村長さんも学校の充実に積極的でいろいろな意味で期待の学校だそうだ。新校舎の建設はほぼ終わり来週木曜に正式な引き渡しにイベントがある。

古い校舎は築40年を超え一部床が虫に喰われ使えないスペースもできているそうで、新校舎が重要なのがよくわかる。

学校は休みだが子供達の遊び場になっていて遊具で遊んだり、サッカーをしたりしていた。

子供達や先生の写真を撮り学校をでて、途中のショッピングセンターの中華で少し遅いランチ。ヤンゴンの郊外に車でくるようなショッピングセンターがどんどんできているそうだ。

ダゴン地区にある彼らの事務所「WE DO for MYANMAR」に寄り、写真集を渡して私の今までの活動や今後考えていることなど、いろいろ話をした。先行きの不透明ことも多いミャンマーで彼からの考えで国の未来を作ろうとしていることはよく理解できる。写真集のお礼に団体のTシャツを何枚かもらったので何かの時に来てみようと思う。

事務所はダゴン地区にあり、近くに昨年訪れたNUACがあった。

車でホテルまで送ってもらい部屋で一休みして外を見たら虹が出ていた

明日の帰国に備え荷物を整理して部屋でくつろいているとZAW MINさんから電話で予定通りヤンゴンに着き家に戻る途中で18:30ごろホテルに迎えに行きますとのこと。前にも行ったシンガポール中華飲茶で食事をして日本の東川のこと、私は今回のミャンマーのことなど話して21時ごろホテルにもどった。彼が執筆したストロボを使った撮影の本を一冊もらった。ミャンマー語で書かれているのでミャンマー語の勉強になるかと思う。内容は実例を多く載せ基本は分かりやすく、知りたい人には計算式を使い理論的な説明も載せている。日本でもここまで詳しいストロボ撮影の解説は見たことがない。

ヤンゴン3日目,Grabを重宝 [ 10/August/2018 ]

今回のホテル2度目の朝食、しかし閑散期(雨季)とは言え広いレストランに私しか居ないのはどうなのだろうか。。食事の内容はまぁそれなりに食べられるのでよいのだが。雨は降っていないしホテルを移動するには時間があるのでホテル近くを2時間くらい撮り歩く、昨年(2017年)12月の写真展でDMに使った写真を撮ったシュエゴンダインの立体交差方向に向かった。朝なので托鉢の僧侶が街を素足で歩いている。托鉢ではなく歩いている僧侶はサンダルを履いている。そういうものなのかと眺めつつ写真を撮った。交差点を抜けて少し歩くとRoyal Rose レストランが有った。これがそうかと門を入り建物の見える所まで行くと立派そうなレストランだった。この先は登り坂だし建物も減って来たので戻りホテルからシュエダゴンパゴダに向かう街中を目指した。

ホテルの部屋から見えてた街中は地図アプリで見るとここは僧院や学校が多い。先日シュエダゴンパゴダに行った時は大通りを歩いて真っ直ぐ向かったが今回は地図アプリを使わずに方向感覚と適当な勘を頼りに撮り歩いた。

この辺りはダウンタウンには無い起伏と緑がたくさん有り街並みの変化が楽しめる。久しぶりに街撮りスナップを満喫できた。

ホテルに戻りGrabでタクシー捕まえてパノラマホテルに移動し11時前にチェックイン。ホテルのスタッフにお帰りと言われ、私を覚えていてくれているのは嬉しい。部屋に入ると室内の壁紙が綺麗になり、照明も新しくなっていた。バスルームに入るとバスタブとシャワー、トイレと全てリニューアルされてますます居心地の良いホテルになっていた。乾季のハイシーズンに備え部屋を綺麗にしている所らしく、工事の音が聞こえている。

数週間前にFacebookで知ったさくらタワー13階(表示は12A)にある日本人会の図書室へ向かう。会員制と入り口に書いてあり、受付の女性に入っても良いのか聞くと見学できますと言われ中に入った。思っていた以上に広く、蔵書も小説、実用書、専門書から漫画まであった。私は写真集2冊を寄贈したいと申し出たら簡単な手続きをして、目立つ新着コーナーらしき場所に表紙が見えるように置いてくれた。

サクラタワーを降りて数年ぶりにボージョーアウンサンマーケットへ。今回来た目的は自分用にロンジーを買うためで、友人のお姉さんがやっている仕立て屋に行ったら洒落たストライプ柄のロンジーがあり購入した。しかし、マーケットに入るなり日本語であれやこれやと話しかけてくる人が多い。まぁ観光地らしいと言えばそうだが、様々な宣伝を断るのも面倒だ。

マーケットの前の道路を挟んだ反対側に新ボージョーマーケットと書かれた大きなショッピングビルができていて。建物自体はジャンクションシティータワーと書いてある。

今日は朝から雨が無かったがホテルに戻る途中でヤンゴンらしい豪雨になった。短時間だがびしょ濡れになったので部屋に戻り着替えて隣のRubyマートに行き軽めの昼食と水など生活用品を購入した。ここもいつもくるので売り場や品揃えはある程度頭に入っている。

ホテルの部屋で昼食を食べたあと、マッサージGenky Sinへ。ここはよく行くGenkyの姉妹店でホテルの近くに最近オープンした。今までは2店舗どちらもホテルからそれなりに距離があったのでこの近さは嬉しい。中に入り受付で90分を希望すると力のありそうな男性が来て、予想通り強めのマッサージで時々悲鳴をあげながらたっぷりほぐしてもらった。

5時スーレーパゴダで一昨年NUACで撮って写真集にも載せている女性と会う約束があったので4時過ぎホテルを出て街並みを撮りながらダウンタウンの中心に向かった。35th通りに噂で聞いていたアートスポット(路地裏を綺麗にしてアートを楽しむ企劃らしい)なところを見つけた。はやくも廃れ気味になっていたがそれなりに楽しめる。雨上がりで綺麗にも見えた。

【ありがちな微妙なキャラクターの絵】

【プラスチックゴミを減らそうという意図のオブジェ的なゴミ箱】

良い時間になって来たのでスーレーパゴダに向かう。ここも観光地なのでポストカードを売りにくる人が何人かいた。私が知ってるミャンマー語でもう何回も来ていてたくさん持っていると話すと少し驚いて色々英語で話しかけて来た女性が面白かった。話の中で私が写真を撮るために来ていると話すと「あなたにはこれ(ポストカード)売れないね」と笑いながら話して去っていった。かなり流暢な英語を話していたし、もう少し良い仕事ができそうな印象だったのでちょっと不思議だった。

スーレーに入るのは何年振りだろうか、彼女が提案してくれたのは間違いなく会いやすいと言うことでここを選んでくれたのだろう。スーレーの周辺だと人が多過ぎて会うのに苦労したかもしれない。

プリント2枚と写真集をプレゼントしたら少し驚いたようで、多分、彼女が想像していたのと違っていたのかもしれない。事前にメッセージで前に大学(NUAC;National University of Art & Culture)で撮った写真をプリントしたから渡したいとだけしか伝えてなかった。私のミャンマー語ではまだまともな会話は無理だったので英語で話しをして記念撮影。彼女は昨年NUACで私が写真作品作りについて講演した時に在学中で写真を勉強していた学生だった。講演のとき何枚か持参していた銀塩プリントをみて彼女が「これ私の村です、この子知っています」と話し、聞いてみるとインレー湖の南のあたり出身で私もそこに行ったっとき撮った写真だった。単なる偶然だがこれも何かの縁だと感じ、講堂の前で「NUAC」の文字と一緒に撮影し、写真集「Myanmar2005−2017」の72ページになっている。

もう少し時間があれば話も出来たのだが、私はこの後友人と夕食を食べる約束があり、ミャンマープラザへ向かうためGrabでタクシーを呼んだ。乗るのに少し戸惑ったが乗り向かうと意外とはやく着いて焼き飯が美味しいと評判の店で食べ、確かに美味しかった。友人が働いているオフィスの近くの店で近所でも美味しい、清潔で評判とのことで、確かに焼き飯が美味しかった。そのあと近所のカフェで話をして解散となり、またGrabでタクシー呼んでホテルに戻った。