HOME

NEWS

18/Jun/2018
6/30-7/1に東京芝増上寺で開催されるミャンマー祭り2018の「日本・ミャンマー交流写真展」会場に写真を数点展示し、写真集の販売を行います。私は終日会場にいる予定ですので、お気軽に声をお掛けください。

26/Jan/2018
写真集「Myanmar 2005−2017」購入ページを作成しました
The purchase page of the photo book "Myanmar 2005-20172 has been released.

03/Jan/2018
PORTFOLIOにMyanmar2005-2017を追加しました。
Add Project "Myanmar2005-2017“ to PORTFOLIO

23/Dec/2017
12月1日(金)〜22日(金)まで東京のギャラリー冬青で写真展「Myanmar 2005−2017」は終了しました。
お越し頂いたみなさまありがとうございました。
Photo Exhibition "Myanmar 2005-2017"  ended in Gallery TOSEI, Tokyo.
1/Dec/2017 to 22/Dec/2017
And Publish New Photo Book "Myanmar 2005-2017" this December.

8/Feb/2017
写真集「Thanaka」をこちらからpaypalで購入して頂けるようになりました。

Profile

亀山 仁


1966年 12月東京都生まれ。
2004年 写真家渡部さとるWorkshop参加
2009年 LabTakeモノクロプリントワークショップ参加
2013年 写真集「Thanaka」出版(冬青社)
2018年 写真集「Myanmar 2005-2017」出版(冬青社)

【ステートメント】
私は現在、主に東南アジアのミャンマーで作品制作を続けています。
ミャンマーは2013年以降、新しい文明と古い文化が激突する激動の時代を迎えています。私は軍事政権下の2005年からミャンマーの人たちとその暮しを撮り続けています。ここで見る人々の強く透きとおった瞳は、かつて日本にもあったものだろうと思います。私はミャンマーが人々の幸福をたたえながら発展していくことを願いながら写真を撮り続けています。

ミャンマーは東南アジアに位置し、中国とインド、タイなどと国境を接し、人口は約6000万人、面積約68万平方キロメートルの国です。
最近まで軍政がひかれていましたが2015年に民政復帰後の総選挙でアウン=サン=スーチー氏率いる国民民主連合が勝利し、国際社会の注目する中民主政権が樹立され、欧米や中国、日本が次々に経済支援に参加し経済援助、直接投資を開始しました。
その結果、現在のミャンマーは劇的な変化をきたしています。経済、政治をはじめ、人々の暮らしにも、この状況は大きな変化を与えています。都市部の建設ラッシュと渋滞の激化、地方でも道路が整備され、森林が切り開かれ、人々の暮らしにも変化が訪れつつある一方、少数民族問題や現政権基盤の脆弱性など先行きの不安もあります。
私がミャンマーに惹かれるのは、国内の政治経済の変化が激しいにもかかわらず、そこに住む人々の眼差しの魅力を感じているからです。その眼差しは経済発展に伴う多様化などで変わらないのか変わってしまうのか、私はそれを見続けていきたいのです。

Hitoshi Kameyama


1966 I was born in Tokyo in December.
2004 I participated in Satoru Watanabe's Workshop.
2009 I partecipated in a LabTake workshop on B&W printing.
2013 Photobook ”Thanaka" published by Tosei-sya.
2018 Photobook ”Myanmar 2005-2017" published by Tosei-sya.

-statement-
Recent years I am mainly making my photo project about Myanmar, Southeast Asia
Since 2013, Myanmar is entering a turbulent era in which new civilizations and old cultures collide. I have taken pictures of the people of Myanmar and their life since 2005, under the military regime.
Their impressive strong eyes are what was once also in Japan, I guess. I keep taking pictures while Myanmar wishes to develop with the happiness of people.

Myanmar is located in Southeast Asia, bordering China, India, Thailand, etc, with a population of about 50 million people and a land area of ​​about 680,000 square kilometers.
Until recently the military government had been drawn, but in 2015 the general election of the Democratic People's Union led by Daw Aung-sung-Suu-Kyi won in the general election. With the attention of the international community, a democratic government was established. And Europe, the United States, China, Japan started economic aid and direct investment one after another.

As a result, Myanmar has been making a drastic change. This situation has made a big change in economics, politics, and people's lives as well. Construction rush in urban areas and intensified traffic congestion, roads are being developed in rural areas, forests are opened up, changes are coming to people's lives, but there are also concerns about the future such as ethnic minority issues and the vulnerability of the current government base .

I am attracted to Myanmar because I feel the attraction of the people who live there, despite the intense domestic political and economic change.
I wish to keep watching over whether that their eyes will change whether it does not change due to diversification accompanying economic development.

Comments are closed