2018年2月のヤンゴン(その1;タイ航空は大型機)

018/2/22から26までヤンゴンへ行って来た。以前はインレー湖が目的だったが最近2回に1回はヤンゴンだけのショートステイになっている。ヤンゴンに友人が増え自分のミャンマーへの関わり方が変わってきていることを改めて感じている。

取れる日程を最大限活かすため今回は久しぶりにバンコク経由のタイ航空で往復した。チケットを取ったときはあまり意識してなかったが往路はエアバスA380(オール2階建て大型機)、復路はボーイング747(国内であまり見かけなくなったジャンボ)とタイ航空は今も大型大量輸送で運航しているようだ。

今回の目的は2/24にヤンゴンで開催されるMyanma Japan Pwe Taw(Pwe Tawはミャンマー語でお祭りの意味)でAh Moonのステージを観て昨年8月に撮影したプリントと彼女の写真と歌の歌詞を載せた写真集をプレゼントすることだった。

2/22、午前中仕事して午後から成田へ。久しぶりにタイ航空バンコク経由のヤンゴンへ向かうがこの日はバンコクまで。成田でチェックイン時、バンコクで入国すると空港税を払う必要があるチケットと言われた。今回のチケットは空港内で過ごして乗り継ぐチケットだそうだ。そういえば7,8年前、同じようにバンコクで泊まってヤンゴンへ向かうときバンコクの空港でチェックインしたとき英語が聞き取れなかったが空港税を払ってこいと言われタイ航空のチケット売り場で払ったことを思い出し今頃納得した。

バンコクまでのタイ航空A380ほぼ満席、学生の旅行シーズンということも有るようで若い人が多い。テレビなどで「最近の若者は海外旅行へ行かない」と言っているが、今回は学生で混んでいる印象だった。

毎度の成田滑走路混雑と強風逆風、さらにタイ空港着陸混雑待ちで1時間半くらい遅れバンコクに到着。前は少し高かったがノボテルに泊まったこともあったが今回みたら2万円くらいするので断念し、調べたらBoxtelというカプセルホテルよりは広いところが空港内にあるのを見つけて予約していた。空港に着いたら帰るときも3時間近く乗り継ぎがあるかかSIMを買おうかと思っていたが空港の無料wifiが意外と使えSIMは購入せずに済んだ。

そのBoxtelは 見つけるのに手間取り、空港の人に聞いたら地下の駅の横を抜けた先にひっそりとあった。部屋?ベット含め小さいが快適、乗り継ぎの仮眠なら十分だった。

翌朝、5:30に目覚めた。空港税のこともあり早めチェックアウトしタイ航空カウンターに向かったら、早朝なのにかなりの混雑、さすが眠らないアジアのハブ空港だ。荷物は成田でヤンゴンまでチェックイン済みなので預け荷物が無いと伝えると専用カウンターを教えてもらいすぐにチェックインできた。やはり空港税が必要と言われ、タイ航空のチケットカウンタで支払い領収書もってきたら航空券を渡すとのこと、空港税700パーツ支払いチケットをもらう。

出国後、空港内のレストランで朝食セット300バーツ、あまり美味しくないが一先ずコーヒーをのみ落ち着いた。明るくなりかけた外を見たらまさかの土砂降り豪雨。まだ乾季のはずなのに意外だった。ヤンゴンの天気予報は晴れ、最高気温35度となっていた。

ほぼ定刻にバンコクを発ちヤンゴンに着くと晴れ、空港付近の気温は30℃。多少の渋滞はあったものの10時30分、ホテルにチェックイン。ホテルはいつものパノラマホテル、ヤンゴン駅に近く隣にルビーマートというスーパーもあり便利なホテル。

買い出しと昼ご飯を兼ねて近所を散歩、しかし昼間は暑く眠かったのでホテルに戻り一休み。陽が傾き始めた17時過ぎに散歩に、スーレーパゴダ横の公園で写真の野外展示をやっていた。Yangon Photo Festivalのひとつのようなイベントらしい、ヤンゴンの友人が撮ったバガンの写真が展示されていた。

20180306-001

ジャーナリスティックな展示が多いイベントに思えた。会場を有る居るとヤンゴン在住の友人から連絡があり、日本大使館となりのイタリアンで食事しようとなり、タクシーで向かう。英語と片言のミャンマー語を使い説明すると通じたようで無事に目的地に辿り着いた。大きなビジネスセンターにあるイタリア料理は美味しかったのと窓から見える茜色空にライトアップさらたシュエダゴンパゴダが美しかった。

20180306-002

彼が毎週レッスンを受けているサルサのワークショップがチャトリウムホテルであると言うのでとりあえずいっしょに行くと、たまたま翌日のMyanma Japan Pwe Tawの前夜祭をやっていて偶然に驚く。大丈夫ですからと言われ会場に入ると何人か知人に会い挨拶と翌日が楽しみと伝えた。

そして、地下のバーに行きサルサのワークショップ。開始時間が過ぎしばらくすると何となく始まった。途中誘われて少し教えてもらうもできるはずもなく10分で離脱。薄暗いバーのホール?でサルサを踊る多国籍な人たちを観ているとここはヤンゴン?ミャンマー?と思えるくらい不思議な夜だった。

20180306-003

Comments are closed